精神科で治療を受けよう|心の声を聴いてみて

医師に話を聞いてもらおう

看護師

今は誰でも行きやすい

精神科と聞くと、特別な症状の人がかかる病院だという印象を抱く人が依然として少なくありません。ですが、精神科は誰でも臆することなく訪れることのできるところです。精神科と一口に言っても取り扱う病気は多種多様で、深刻な病状のものからちょっとした不調が続いているようなものまでさまざまです。精神科を受診するケースで多いのはうつ病です。もともとうつ病は三大精神病のひとつとして位置づけられている病気であり、昔はそれほど一般的なものではありませんでした。しかし時代の変遷とともにうつ病を発症して精神科を訪れる人の数はどんどん増加しています。うつ病は誰がなってもおかしくない病気と認識されるようになったため、昔と比べれば精神科の敷居もはるかに低いものとなりました。うつ病の原因のすべてがストレスというわけではありませんが、現代ではほとんどのうつ病患者の症状にストレスが大きな影響を与えています。しかしそうしたストレスの多くは簡単に改善できるようなものではないため、病状が悪化する前に精神科で適切な治療を受けるのがよいでしょう。

片付けられない一因にも

うつ病になるとそれまで明るい性格であった人でも暗い表情で沈み込んでいることが多くなるため、周りの人にもそれと気づきやすいものです。しかし一方で、本人も周囲の人も病気に気づきにくく、そのために精神科の受診が遅れてしまう病気もあります。そうした病気のひとつがADHDです。ADHDは注意欠陥・多動性障害とも呼ばれ、子どもの場合によく問題となりますが大人にも多い病気です。大人の場合には、わかりやすいケースとして部屋などがどうしてもうまく片付けられないといった例が見られます。もちろん片づけの苦手な人が皆ADHDというわけではありませんが、「自分はどうしてこんなに片付けられないのだろう」「みんなにできていることが、どうして自分だけできないのだろう」と深く悩んでいる人の中にはADHDの患者が少なくないのです。それなのにそのことに気づかないままでいると、いつまでも自分の性格の問題だと自分自身を責めてしまい、人生の質を低下させてしまう原因ともなります。しかし自分を責める必要は全くなく、治療によってもっと快適な人生を送れるようになる可能性が高いので、気軽に精神科で相談してみることをおすすめします。

心も病気になる

診察

精神科では、うつや不安障害などを改善するために様々な治療方法を展開しています。薬に頼らずに健康を保ちたい方や、なかなか周囲に理解してもらえない方も精神科や心療内科などを受診することで解決へと結び付けることは可能です。

もっと読む

自分に合った病院を選ぶ

男性

心療内科は、内科の1つであり身体的な問題を治療する場所です。こころの問題を治療するには精神科を選びます。精神科では投薬とともにカウンセリングも重要な位置づけにあります。自分が正直になれるカウンセリングができる医師を選ぶことが大切です。

もっと読む

症状が進行する前に治そう

医師

ストレスや様々な要因からくる悩みがあるときは、症状が悪化する前に精神科を受診することが大切になります。精神科が多くの人に認知されたのは、受診する患者が年々増加していることと、様々な症状の治療を行ってくれるからです。

もっと読む

安心して治療が受けられる

パズルと人形

病の認識が弱い病気に心の病があり、自発的に精神科へ行く人は少ないので周囲の人間が気づいた場合は受診を上手に勧める必要があります。精神科を受診することで、病名がはっきりと分かり安心して治療を始める人も多いです。

もっと読む

治療の肝は相性

病院

精神科は心の病気を扱う診療科目です。よいドクターの基準を考えるよりも、本人との相性が重要です。患者本人の通いやすさ、待合室や診察室の雰囲気、ドクターの数などをチェックして、信頼できるドクター選びをするとよいでしょう。

もっと読む

Copyright © 2016 精神科で治療を受けよう|心の声を聴いてみて All Rights Reserved.