治療の肝は相性|精神科で治療を受けよう|心の声を聴いてみて

精神科で治療を受けよう|心の声を聴いてみて

治療の肝は相性

病院

精神科は、うつ病などの心の病気全般を専門に扱う診療科目です。現代はストレス社会といわれ、心の病気になる人も非常に多くなっています。そのため、精神科のお世話になったことがあるという人や、通い続けている人も少なくありません。心の病気に特効薬はありません。有効な薬はありますが、薬だけで完治する事はなく、寛解と呼ばれる回復状態にいたるためには根気強く病気と向き合っていく必要があります。そのためには、よいドクターに出会うことが非常に重要です。ここで注意しないといけないのが、ドクター選びの普遍的な基準があるわけではないということです。もちろん、平均的にみてよいドクターや、逆によくないドクターもいます。しかし、最も重要となるのは患者との相性です。そのため、いかに評判のよいドクターであっても、患者や家族が不信な気持ちを感じるようならば別のドクターを探すことを考えてもいいかもしれません。ドクターを信用できると感じられるかどうかは非常に重要なポイントなので、疑念を感じたらセカンドオピニオンを受ける勇気を持ちましょう。

精神科を選ぶときは、ドクターとの相性のほかにもいくつか気をつけるとよい点があります。一つ目は通いやすさです。心の病気になると、外出することが非常に大変になることがあります。治療には精神科への通院がかかせません。そのため、無理なく通院できるところであることが大切です。物理的な距離も重要ですか、患者に負担のない通院方法で通えるかも考慮しましょう。二つ目が待合室や診察室の雰囲気です。特に個人病院の場合は、ドクターの趣味や意向が顕著にあらわれます。患者の過ごしやすさを考えた内装になっているところは患者目線になっているためよいクリニックといえます。また、マガジンラックをチェックすると、患者の層や院長の趣味が伺えます。仕事がストレスのときはビジネス誌が多いクリニックやビジネス街にあるクリニックは避けるなど、自分にあったクリニック選びに活用するとよいでしょう。三つ目がドクターの数です。ドクターが二人以上いるところの方がよいでしょう。一人しかいないと、ドクターが体調不良のときなどに頼る先がなくなってしまうためです。

Copyright © 2016 精神科で治療を受けよう|心の声を聴いてみて All Rights Reserved.