自分に合った病院を選ぶ|精神科で治療を受けよう|心の声を聴いてみて

精神科で治療を受けよう|心の声を聴いてみて

自分に合った病院を選ぶ

男性

心療内科とは違う

近年では、うつ病などのこころの病について理解が深まっていくに従い、精神科に対する理解も進んできました。ただ、心療内科という科も知られるようになって、精神科と心療内科が混同されがちになっているのも事実です。実際に両者は似ているところもあれば、異なっているところもあります。精神科では、こころのあり方について治療していきます。イライラがおさまらない、不安でどうしようもない、すぐにパニックになってしまう、幻聴や幻覚におそわれる、などへの対策が行われます。適切なカウンセリングをしたり、気分を落ち着かせる薬を処方したりします。一方で心療内科は、体の不調を整えます。この不調の原因はこころにあります。不調の原因がウィルスや細菌、その他物質的なことだと分かれば内科に回されます。うつ病を患うと、気持ちの問題だけなく、下痢や便秘が続いたり発疹が出たりする場合もあります。なので、精神科でこころを整え、心療内科で体調を整えるといったこともあります。精神科と心療内科のどちらに行けばいいのか判断しがたい時は、一度内科で相談するといいでしょう。病院は、精神科も心療内科も併設している病院を選ぶと便利です。

相性が大切

精神科ではカウンセリングが重要になってきます。初めて精神科に行くのならば、まず自分の現在の状態を答えられるよう準備しておきます。つまり、1番困っている症状は何か、いつから発生しているのか、悪化しているのかどうか、日常生活にどの程度影響しているのか、周囲はどのように受け止めているのかなどです。できれば、きっかけとなった出来事を説明できる状態にしておきます。薬を処方することもあるので、これまで患ったことのある病気やアレルギーがあれば、それも伝えておきます。現在何かしら薬を飲んでいるのなら、必ず伝えます。もちろん、聞かれたこと全てに答える必要はありません。ツライ事柄などを口にできないなら、予めメモしておくことも出来ます。事情を知っている友人や家族などに話してもらうこともできます。医師としては患者の情報が多いほど適切な治療が出来ますが、患者が気力を果たしてまで一気に説明する必要もありません。話せる範囲を話すだけでいいです。精神科ではカウンセリングが重要な役目を果たしますが、カウンセリングは突き詰めれば会話です。会話には相性があるので、合わないと思ったら迷わずに別の医師を探し、正直になれるところを選びます。

Copyright © 2016 精神科で治療を受けよう|心の声を聴いてみて All Rights Reserved.